漫画家としてデビューする|本格的な活動をしたいなら音楽専門学校に行こう

本格的な活動をしたいなら音楽専門学校に行こう

男の人

漫画家としてデビューする

漫画

基礎をきちんと固める

漫画家になる方法として一般的だったのがすでにデビューをしている人のところに弟子入りをし、そこで練習を積むというパターンです。ほかにも、独学でマンガの勉強をして、完成した作品を出版社まで持ち込むというルートも存在します。漫画家としての先天的な才能にあふれた人なら現場にすぐに飛び込んでも大丈夫です。ただ、基礎をきちんと固めた方が長い目で見た時に安心であるのを考慮すると、マンガの専門学校に行った方がいいです。専門学校のマンガ科で学ぶと、漫画家としてデビューするために必要なスキルを満遍なく習得できます。個性的なキャラクターの書き方から始まり、コマ割りのような読者にどうすれば自分の頭のなかにあるストーリーが伝わりやすいのかなど、本当に必要な内容だけをバランスよく学べます。また、マンガの専門学校には「漫画家になりたい」という同じ志を持った人たちが集まります。自分とはまた違った価値観を持った人と勉強をするのはいい刺激ですし、それが技術の向上にもつながります。

設備などを参考に決める

昨今のマンガ人気から、マンガ科のある専門学校は年々増えており、どこを選ぶかによって卒業後の進路が大きく影響されるので、丁寧に考えるべきです。マンガ業界に強いパイプを持っている点を考えると、大手の専門学校に行くのがポピュラーです。卒業生がたくさんいるので、自分自身が専門学校を出る時にもアシスタントの仕事などを紹介してもらいやすく、安定して漫画家としてのスキルを積んでいけるのは大手を選べばこそです。また、出版社などとの結びつきも強いので、自分の実力を見てもらいやすいのもデビューを目指す上では利点です。これに対して、カリキュラムから通うマンガの専門学校を決めるのもおすすめで、シンプルに素晴らしい作品を作りたいという熱意にあふれている人には一押しです。ほかにも、最近では手書きではなくコンピューターで漫画を描く人も増えており、そのための設備が整っているかどうかもいい基準です。漫画家と言っても作風などはそれぞれで違い、故にどうなりたいかも違います。自分の理想と向き合いながらどんな専門学校にするかを考えるとベストです。